そんな時、職場の同僚からマッチブックのことを教えてもらいました。その同僚も私と同い年で女性が苦手な性格の男だったのですが、マッチブックを利用して女性と出会い、そしてデートまで実現したと私に自慢をしていました

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

スポンサーリンク

自己紹介と、マッチブックに登録したきっかけ

私は学生の頃から女性の少ない環境で育ち、社会人になった今でも女性と接する場は限られています。学生の頃から異性とまともに会話をしたことがなく、女性への免疫が低いままとうとう30歳を超えてしまいました。このままでは結婚はおろか、彼女すら作ることもできないのではないかという危機感を抱きながら生活をしていました。当然ながら私の周辺では続々と結婚や出産を果たした同世代の人々の話題が飛び込んでくるので、私にも焦りの色が見え始めていたのです。
そんな時、職場の同僚からマッチブックのことを教えてもらいました。その同僚も私と同い年で女性が苦手な性格の男だったのですが、マッチブックを利用して女性と出会い、そしてデートまで実現したと私に自慢をしていました。私はインターネットでの出会いに消極的だったのですが、同僚の言葉を聞いて私も負けていられないなと感じ、サイトに登録することを決意しました。
マッチブックの良さはあのリクルートグループが運営しているという安心感の高さです。インターネットには出会いを提供する様々なマッチングサービスが存在しますが、中には怪しげなサイトがあることも否めません。しかしマッチブックは利用者数も膨大で、カップルが成立したケースも多いので、インターネットでの出会いに不安を持っている人でも安心して利用できます。
私は元々理想が高く、それが原因で彼女ができないといっても過言ではありませんでした。しかしマッチブックなら自分の理想にマッチした女性を見つけることができるので、非常に効率的だと感じています。登録した当初は不安よりも、これで彼女を作ることができるというワクワク感しかありませんでした。

マッチブックでどのような人と出会い、どうなったか

マッチブックを利用し始めて驚いたのは、とても多くの人が登録をしているということです。少し探してみると、私好みの女性がすぐに見つかりました。
しばらくして同世代の女性とマッチングし、メッセージの交換が始まりました。私自身、女性とメッセージのやり取りをしたこと自体が初めてのことだったので、最初は少し戸惑ってしまいました。それでも相手の女性の方はとても寛容で、少しずつ慣れていきましょうと私に優しく言葉を掛けてくれました。その言葉に私は感激し、その女性に対する気持ちが大きく揺れ動いたのでした。
2週間ほど、毎日メッセージ交換をしていました。すると徐々に打ち解けることができ、仲良くなっていきました。私は思い切って休日にデートのお誘いをしてみました。生まれて初めてのお誘いです。女性からはすぐに良いお返事がきました。そのメッセージを見た瞬間、私は全身に鳥肌が立ち、雄叫びをあげたくなるほど喜びました。初めて女性から男として認められたような気がしたからです。
デートは遊園地で、待ち合わせ場所は最寄りの駅でした。お昼頃に駅の出口で待っていると、奥から綺麗な女性が私の元へとやってきました。それが女性との初対面でしたが、何だか初めて会ったような気がしないほど、女性に対して不思議と親近感を覚えました。相手の女性も私と同じ気持ちだったようで、とても親しみやすいと言ってくれました。
遊園地では観覧車に乗ったり、一緒にソフトクリームを食べるなどデートを楽しみました。まだ手を繋ぐことはできませんでしたが、それでも女性が苦手な私にとっては貴重な経験であり、大きな第一歩となりました。

マッチブックでよい出会いをするために心がけたこと

マッチブックではインターネットだからといって、自分の経歴を詐称したり、性格や容姿を偽ってはいけません。登録している女性は自分のありのままを記載しています。それに男性も応えなければいけません。
もちろん経歴や容姿は良いに越したことはないですが、たとえあまり自慢できるものを持っていなかったとしても、必ず気に入ってくれる女性は見つかります。それを信じてマッチブックと向き合うことが、良い出会いを実現するための一つの鍵かと思います。
それとメッセージを一方的に送りすぎることも危険です。私は初めて女性とコミュニケーションを交わした時、思わずガツガツといってしまいました。しかしそれは相手に対して失礼ですし、引かれてしまう原因にもなりかねないのです。相手の性格に応じてこちらのペースを合わせることが重要だと思います。たとえばマイペースな人にはメッセージを送るペースを遅くしたり、一方でせっかちな人にはメッセージを素早く送る、などです。
デートのお誘いをするまでの期間としては、だいたい1~2週間くらいがベストでしょう。数日メッセージを交わしただけでお誘いをすると、相手にこの人は大丈夫なのかと不安を抱かせてしまいます。逆に1ヶ月と時間を掛けてしまっても、本当に私のことに興味があるのかという疑念を抱かせてしまうでしょう。1~2週間でのデートのお誘いがベストタイミングなのではないかと感じています。
マッチブックは女性への免疫が少ない男性にとってはとてもありがたいマッチングサービスです。なかなか女性と出会えないとお困りの人は、ぜひ一度マッチブックに登録してみてはいかがでしょう。


出会いの機会が全くなかった状態から、短期間でデートまでたどり着いてしまうとは、やはりマッチブックの威力は絶大ですね!

今回紹介したマッチブックへの無料登録はこちらから。あのリクルートグループが手がけるマッチングサービスで、最近ユーザ数が急激に上昇しています。各大学のミスターやミスとのコラボなど、面白い企画が盛りだくさんで、今後にも期待ができます。

matchbook(マッチブック)
20代・30代の恋活アプリの決定版!「Matchbook」
マッチブック公式情報
マッチブック口コミ

関連記事: