35歳、バツニの女ですが、ペアーズで素敵な出会いがあり、恋人を見つけることができました


スポンサーリンク

自己紹介と、ペアーズに登録したきっかけ

35歳、女性です。この年になっても、ペアーズで素敵な出会いができたことに感謝でいっぱいです。お恥ずかしい話ですが、私は過去に2度結婚をしていた経験があります。2度目の結婚のときには寿退社までしていたものですから、離婚が決まった後に食べていくのは一苦労でした。ですからもう結婚は懲りたなんて口では言っても、やっぱり人肌恋しくなったり経済力の低さから新しいパートナーを探していました。しかし年を重ねるごとに出会いの可能性や選択肢が狭まっていたので、もうずっと恋人さえできないのかなと落ち込む日々も多かったのです。離婚経験は自分の自信も奪います。まさに八方塞の状態でした。
そのようなときに、友人から紹介されたのがペアーズでした。その友人はその時点でかなりペアーズを利用していたようで、私に沢山魅力を語ってくれました。そんな熱意に魅了され、ひとまずデートができる相手だけでも見つけようかなと私も登録をしたのです。思えば過去に交際していた男性は、ほとんど知り合ってから間もない期間で男女の仲になった人たちばかりでした。ですからインターネット上なら容姿などを抜きにしてじっくり向き合えるかなと思ったのも、ペアーズに登録した理由です。
それからこれをキッカケに、スマートフォンを買いFacebookにも登録しました。今まで抵抗がありSNSはやらなかったのですが、いざその世界に入ってみると色々な人がいてワクワクしました。今ではすっかり玄人のような使い方をしています。裏を返せばこんな私のようなネット音痴でも利用できるくらい、ペアーズのシステムは易しいのだと思います。

ペアーズでどのような人と出会い、どうなったか

登録をして利用を始めてから3日後くらいのことでした。ある男性から初めての「いいね!」が来たのです。実はそれまで私の方からも色々な人を検索して、いいなと思う人は何人もいました。何せ登録者が多いものですから、むしろいい人が沢山で困るくらいでした。しかし登録したてでいきなり送って大丈夫なのか不安だったのと、あんまりガツガツしていると思われたら恥ずかしいという気持ちで、結局私の方からアクションは起こせないままでした。そんな矢先に「いいね!」をもらったので、嬉しさですっかり舞い上がってしまったのは今でも覚えています。
相手の男性は40歳の会社員の方でした。当時の私は34歳だったので、2人の間には6つの年の差があったことになります。特に希望は書いていなかったのですが年上の方とお話したいと思っていたので、私からすぐに「いいね!ありがとう」を送りました。
1週間ほどメッセージでのやり取りを行った頃、相手の方からデートのお誘いをいただきました。まさか本当にここまで進展するとは思ってもいませんでしたから、私に断る理由はありませんでした。最初のデートは水族館だったのですが、手もつながず大人の静かなデートをしました。それでもドキドキする気持ちが溢れて止まりませんでした。気さくで紳士的な方で、いつ恋に落ちたか分からないくらい夢中になってしまったのです。
デートはその後も重ね続け、今の私たちは恋人として過ごしています。また幸せになる権利を、ペアーズが与えてくれました。こんな私にも愛情をくれる人が、ペアーズにはいるのです。本当に諦めてはいけないんだなと、強く強く感じました。

ペアーズでよい出会いをするために心がけたこと

ペアーズに登録してから、これまで通りの自分ではダメだと感じることが増えました。ですから今まで以上に美容や健康に配慮した生活を送るようにしたのです。それから自己紹介文や写真も工夫をしました。
顔の写真は、撮る角度や明るさでいくらでも印象が変わります。本来なら少しでも可愛く写った写真を選ぶべきなのでしょうが、もし会ったときに別人だと言われたらどうしようという恐怖感がありました。そこで私は、あえて本当の自分の顔がしっかりと写った写真を掲載したのです。ありのままの自分に「いいね!」をしてくれる人を求めました。その甲斐もあり、実際会えるようになったときには何の後ろめたさもありませんでした。
自己紹介文も堅苦しいのは良くないと感じました。あまりに硬派な雰囲気の言葉だと、軽い気持ちで話せないと思ったからです。その代わりフレンドリー過ぎないようにも気を付けました。簡単な敬語表現であまりガードが堅くなさそうな人に見えるよう配慮しました。その当時私はスタイルが少し自慢な部分だったので、そのことについて書いていました。具体的に言えば胸の大きさなどになります。ですがそういう書き込みをすると、やはり下心がありそうな男性からの「いいね!」が集まってしまいました。もし自分のセールスポイントがスタイルや色気だと思っていても、実際に書かない方がいいでしょう。
メッセージができるまで発展したら、不器用なりに相手をさりげなく褒めることも忘れませんでした。あくまで自然に、気分良くなってくれたら嬉しいなと考えていました。効果がどれほどあったかは定かではありませんが、これも大切なことなのではと感じています。私は結果的にいい出会いができましたから、この体験談が希望や参考になっていれば幸いです。


「もし自分のセールスポイントがスタイルや色気だと思っていても、実際に書かない方がいいでしょう。」⇒女性視点でのためになるアドヴァイスありがとうございました。

今回紹介したペアーズへの登録はこちらから。国内最大級 300万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリで、2012年11月のリリースから位現在までで延べ「1510万組」のマッチングが成立しています。20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録しています。

pairs
【pairs】Facebookで恋活・婚活

ペアーズ口コミ

関連記事: