25歳の保育士がペアーズを始めてみたら一週間で20いいねもらえた体験談


スポンサーリンク

自己紹介と、ペアーズに登録したきっかけ

25歳、都内の保育園で保育士をしています。彼の仕事の都合で遠距離恋愛になってしまった彼とは2年前に、お互いの仕事が忙しい事も有り、すれ違いのまま関係が消滅してしまいました。念願だった保育士の仕事はやりがいもあったし、その時は結婚もまだ先の事と吞気に考えていました。ところが、最近になって、学生時代の友達から、次々と結婚の報告を受けるようになったのです。

まだ早いと思っていた結婚も、友達の幸せそうな話を聞いているうちに徐々に焦りに変わってきました。保育士の職場は女性が多く、出会いのチャンスはほとんど有りません。仕事も早番や遅番に加え、土曜出勤日もあるので、仕事の事を考えると飲み会や合コンにも次第に足が遠のいてしまっていました。周囲がドンドン幸せを掴んでいるのに、自分だけが取り残された様な気持ちになって、なにか、出会いのチャンスを探さなくてはと思っていた矢先に、インターネットで出来る婚活があることを知りました。

インターネットを通じての婚活であれば、時間も自分の自由に出来るし、何処かへ出掛けて、新しい人間関係を築くよりも、1度にたくさんの人と知り合える便利なサイトは自分にとっては、とても魅力的でした。一応、情報漏洩やサイト系出会いにありがちなトラブル等を口コミや体験談で確認してみましたが、数ある婚活サイトの中でも、「ペアーズ」はそういった類のトラブルの無い優良サイトのようでした。また、婚活サイトと言っても、結婚相談所のような重たい感じも無く、若い人同士のコミュニケーションの場という雰囲気だったので、「ペアーズ」に登録を決めました。

ペアーズでどのような人と出会い、どうなったか

Facebookの情報を使って、早速登録してみると、初日に3人の人から私のプロフィールに対して「いいね」がありました。こんな短時間で、今まで全く縁もゆかりもなかった人と知り合いになれるなんて、それだけでも驚きでした。しかも、自分の情報は必要最低限しか公表されないので、その点も安心でした。
取り敢えず、どういうものなのかよく分からないので、一週間程はなんのリアクションもせずにいると、一週間で、20人近くの人から「いいね」がありました。なんだか、自分の事を見てくれる人がいるというだけで、勇気と自信が湧いてくるようで、最近にはなかったドキドキがありました。全員のプロフィールを熟読して、自分と年齢や趣味が共通している人3人に「いいね」をつけてみました。私は、昔から絵が好きで、休みの日などは、近くの美術館へ出掛けて過ごす事が多かったのです。そういう趣味の人が身近にこんなに居ると言う事も少し驚き、そして、期待感が広がる様な感じでした。

3人の人からは、それぞれにメールでのコンタクトが有りましたが、学生の彼は、やはりノリが軽い感じで、とにかく、会いませんかというものでした。他二人の人は、社会人で、流石に大人の対応でしたが、その内の1人の人と、好きな画家や作風、美術館の話題まで共通する事が多く、私達は連日のようにメールでお互いの知識や感想を教え合いました。そんなやり取りをして、2週間程経った頃に、彼から、二人が好きな美術館で会いませんかとの誘いを受けました。大好きな場所で気の合う人との待ち合わせは、近頃にないトキメキを私に運んでくれました。ネットでの出会いに抵抗が無かったかと言えば嘘になりますが、今ではこんな出会いに感謝をしています。

ペアーズでよい出会いをするために心がけたこと

合コンとか婚活パーティとかですと、限られた時間の中で最大限に自分をアピールする必要があるので、ついつい、いつもとは違う自分を演出してしまいがちです。でも、「ペアーズ」のように、気になる相手とメールのやり取りの中で、お互いを知って行くと言うシステムの場合は、出来るだけ素の自分を出すべきだと思います。もし、合コンの場とかだったら、自分は美術館巡りなんてちょっと暗く思われがちなノリの悪そうな趣味は言わなかったと思いますが、「ペアーズ」の中でマッチングした相手とメールと言う特定のプライバシーの中でのやり取りだったからこそ、自分が本当に好きな事、したい事を素直に言えた様な気がします。

そして、そうしたからこそ、自分にぴったりの気の合う相手に出会えたのだと思います。もし、メールのやり取りの中で、自分を少しでもよく見せようと偽りの部分を作ってしまったとしたら、その相手と実際に会った後も、その偽りを続けなくてはなりません。それは、相手にとっても自分にとっても凄くマイナスで、結局はホンモノの二人の関係が築けないと思います。それから、初めてのメールからすぐに会いたいと言う事を言ってくる様な男性にも要注意です。文章は意外にもその人の人柄が反映されます。メールのやり取りが続けば続くほど、本性と言うかボロみたいなものが出てくる気がします。いくら、プロフィールが自分の基準をクリアーしていたとしても、会話をしてみないとその人が分からないように、メールでのやり取りを慎重にくり返して、ある程度の確信が持ててから、実際にデートする方が、その後の二人の関係がスムーズに運ぶ様な気がするのです。


自分をうまくさらけ出せる、本音での出会いができるのがマッチングアプリのメリットですね。素晴らしいレポートありがとうございました。

今回紹介したペアーズへの登録はこちらから。国内最大級 300万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリで、2012年11月のリリースから位現在までで延べ「1510万組」のマッチングが成立しています。20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録しています。

pairs
【pairs】Facebookで恋活・婚活

ペアーズ口コミ

関連記事: