離婚歴がありますが、ペアーズで知り合った年下の看護師さんと出会ったその日に男女の関係になり、翌日から交際を開始しました


スポンサーリンク

自己紹介と、ペアーズに登録したきっかけ

私は現在30歳前半で、過去に離婚歴があります。元々、異性の友人は多い方だったのですが、離婚を機に恋愛対象となる相手がほとんどいなくなってしまったので、評判が良かったペアーズを利用して婚活をしてみようと思いました。

私はこれまで、付き合った人数自体はそれなりに多い方だと自負できます。結婚するまでに交際した人数はおよそ30人で、小学校6年生から離婚するまで恋人や配偶者がいないときは無い状況でした。数日程度、誰とも交際していないという事はありましたが、月単位でフリーでいることはありませんでした。

特別イケメンと言う訳でもありませんし、高収入や特殊な仕事をしている訳でもありません。ごく普通のサラリーマンで、ルックスはどれだけ良く見積もっても下の上と言ったところでしょう。身長は180cm近くありますが、現代では特別大きいと言う訳でもありませんし、いわゆる「細マッチョ」の様に女性が見て惚れ惚れするような体形でもないです。むしろ、年相応の体形ですので、そういった意味で「見た目勝負」が出来るような人間ではないという事です。

これまで交際してきた女性の中には、「かっこいい」と言ってくれる人も居ましたが、それはあくまでも個人の趣味趣向の範囲と言うだけで、世間一般から見れば不細工のレッテルを貼られても仕方がないと思うほどです。つまり、それだけ見た目には誇れるものが無い状態だという事です。

ただ、仕事柄どうしても出会いのチャンスは限られてしまうため、「何かのきっかけにでもなれば良し」と言った程度の期待でペアーズに登録をした次第です。見た目以外の部分で選んでくれる人が居てくれれば儲けものと言った感じです。

ペアーズでどのような人と出会い、どうなったか

私がペアーズの利用を開始してすぐ、一人の女性とコミュニケーションを取る機会がありました。私が登録したプロフィールや自己紹介の中には、「きっかけ」の部分で記載したような内容を正直に書いています。顔写真はよくわからない感じのものを使いましたが、おそらく「イケメンでは無い」という事は分かったと思います。

そんな状況で、女性の方からコンタクトを取って来てくれたことに驚き、感謝の気持ちと出会いへの期待を込めて連絡を取っていました。

一週間ほど連絡を取っていたところ、お互いに非常に趣味が合うという事で「デートしてみよう」という事になりました。その時点での女性に対する情報としては、年齢は28歳で私より少し下、職業は看護師と言ったものでした。趣味に関してはもう少し詳細な情報を知り得ていましたが、基本情報と言うとそんな程度です。

これに対して私の情報は、年齢・職業・趣味・離婚歴ありと言ったものを伝えてありました。基本的には、聞かれた内容や後々重要だと思うものについては先に開示したという感じです。敢えてこちらから全てを話すという事はしませんでしたが、伝えた内容には嘘偽りはないものでした。

翌週にデートの日にちを決め、ウキウキしながらその日を待ちました。若干、「来ないかも知れない」と言う不安はありましたが、それはそれで縁が無かったのだと諦めるつもりでいました。幸い、待ち合わせ場所に彼女は現れ、食事をしながらお互いの事を色々と話し仲良くなることができました。

多少のお酒が入っていたのもあるかと思いますが、その日はそのまま男女の関係となり、翌日改めて交際の申し込みをして承諾してもらうことができました。

ペアーズでよい出会いをするために心がけたこと

ペアーズを「結婚相談所のようなもの」と捉えるか、それとも「出会い系」と捉えるかで具体的な方法やモチベーションについては変わってくると思います。私の場合は、どちらかと言うと出会い系に近い印象を持って利用していたのですが、実際に利用してみると「もっと安全で本気で出会いを欲している人がほとんど」と言う印象に変わりました。

とは言え、私が体験したのはほんの一部でしょうし、運よくまともな人と出会うことができた幸運な人だった可能性も否定できません。ただ、少なくとも私のような成功談があるという事はペアーズの評判が嘘では無いという事を少しは証明できているのではないかと思います。

ペアーズに限らず、「良い出会い」をするために大切だと思う事は「ファーストコンタクト」です。日常生活でも同じですが、人は最初の印象を非常に強くもちながら相手を評価していきます。実社会では顔を合わせることになるので、ルックスやスタイルなども大きな要因となりますが、デジタルな出会いに関しては「文字」からしか相手の印象を推し量ることは出来ません。

そのため、「誠実さ」や「安心感」を如何に相手に与えられるかが勝負だと思い、実際に私もその点を意識して文章を作成していました。自慢臭くならず、自分の話ばかりを押し付けず、相手が言いたいことの真意を捉えられるようにし、「相手が今何をどうして欲しいのか」に注意しながらやり取りをしていました。

「誰と出会うか」は運かも知れませんが、「出会いをどう扱うか」は自分の裁量で決まります。他愛もない出会いであっても、それが後になって重要な出会いになるかもしれないという事を意識し、一つ一つの出会いを大切にするような真摯さが大切だと思います。


もてるタイプの方のようでうらやましいです。”「誰と出会うか」は運かも知れませんが、「出会いをどう扱うか」は自分の裁量で決まります。”という名言は心にとどめておきたいですね。

今回紹介したペアーズへの登録はこちらから。国内最大級 300万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリで、2012年11月のリリースから位現在までで延べ「1510万組」のマッチングが成立しています。20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録しています。

pairs
【pairs】Facebookで恋活・婚活

ペアーズ口コミ

関連記事: