マッチブックにサクラはいるのか検証してみた


当サイトでもおすすめのリクルートグループの恋活・婚活アプリ「Matchbook」ですが、実際に登録する前に気になるのが、「サクラ」の会員はいるのかというところだと思います。

そこで、マッチブックに実際に登録し、サクラがいるような環境なのかを確認してみました。

スポンサーリンク

結論:サクラは存在しえない

はじめに結論から出してしまいましたが、マッチブックにサクラというものは存在しえません。

以下、その理由を説明していきます。

リクルートグループが運営している

前述のとおり、マッチブックはあのリクルートグループが運営しています。

リクルートと言えば、東京証券取引所第一部にも上場している超一流企業であるのは異論の余地もないでしょう。そんな大企業が、「サクラ」などという不誠実なことをやれるでしょうか。

巨大なリクルートグループにとってみればマッチブックは星の数ほどあるサービスの一つにすぎないかもしれませんが、もしもサクラ会員の存在が明るみになれば、グループ全体のブランドイメージを毀損するような大事件であり、そのようなリスクをリクルートが背負うとは思いません。

確かに、名の知れない会社であれば、運営するマッチングアプリでサクラを用意することにメリットがあります。サクラ会員にだらだらとメッセージを引き延ばさせて無駄な課金を誘い出せば、その分利益が増えるからです。しかし、それは利用者からの「不誠実な”出会えない系”」という烙印を押され、運営会社自体の信用を失ってしまうリスクの裏返しです。

リクルートがこのようなリスクを冒してまでサクラを用意することはないでしょう。

matchbookの使い方・評判・口コミ

Facebookを利用している

マッチブックへの登録には友人が10名以上いるFacebookアカウントが必要です。

また、アプリ上でマッチングした相手の方とは、お互いに希望すればFacebookアカウントを公開する機能があります。

このことにより、マッチブック上の会員が本当に実在する人である保証がなされています。

もしもサクラ会員がいると、このような機能は搭載できませんよね。

登録には公的機関の証明書が必要

メッセージのやり取りの前には、免許証やパスポートなど、公的機関の発行する証明証の提示が必須となっています。

サクラ会員はこのような証明証を提示することはできませんね。

月額定額のマッチングアプリである

マッチブックは月額定額のマッチングアプリです。

マッチブックの利用料金は?出会うのにいくらかかる?

つまり、通常の使い方をしている限り、月額一定の金額を支払えば追加料金はかかりません。

サクラ会員の存在意義は、登録者に追加料金を支払わせることが主な目的になりますが、マッチブックではそもそも追加料金という概念がないため、サクラが存在する意味がありません。

おわりに

以上が、マッチブックにサクラはいないことの理由です。

マッチングアプリにおいては信頼性が重要ですが、なんといってもリクルートグループが運営していることの安心感は他のアプリとは一線を画していますね。

マッチングアプリに関心はあるけれども、よくわからない会社のアプリは使いたくないという方には、マッチブックがおすすめです。


今回紹介したマッチブックへの無料登録はこちらから。あのリクルートグループが手がけるマッチングサービスで、最近ユーザ数が急激に上昇しています。各大学のミスターやミスとのコラボなど、面白い企画が盛りだくさんで、今後にも期待ができます。

matchbook(マッチブック)
20代・30代の恋活アプリの決定版!「Matchbook」
マッチブック公式情報
マッチブック口コミ

関連記事: