pairs幸せレポートから学ぶ、ペアーズのポイント・コツ


当サイトでもおなじみの恋愛・恋活マッチングアプリのペアーズですが、当サイトオススメのコンテンツとして幸せレポートというものがあります。

ペアーズを利用してカップルとなり、交際や結婚に至った方々の実際の体験談がたくさん掲載されているもので、マッチングからデートから交際までのレポートが詳細に記されています。

既にペアーズに登録しているもののなかなか上手くいかない方であれば、これからどうすればより多くの出会いができるのかのヒントになるでしょう。

また、まだペアーズに登録されていない方でも、こんなに多くの出会った体験談があれば、安心して登録ができるのではないでしょうか。

今回は、そんな幸せレポートの中から、ペアーズを使って上手く出会いを得るためにはどうすればいいのか、ヒントやポイントとなりそうなところをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

共通の趣味を持つ人を探そう

やはり、何と言っても大切なのは、共通の話題がある人、話が盛り上がる人を探すことでしょう。

出会ってからのデートでの会話はもちろん、ペアーズ内でのメッセージのやり取りが楽しめるかが大切です。

せっかく好みの方とマッチングできたとしても、メッセージが続かなければがっかりしてしてしまいますよね。

どうせやり取りするならば、お互いに楽しく、実際に会ってみたいと思えるような相手の方がいいはずです。

コミュニティを活用

ペアーズにはコミュニティという優れた仕組みがありますので、活用しない手はないでしょう。

自分の関心のあるコミュニティにはきちんと入り、あなたがどんなことに関心を持っているのかを異性にどんどんアピールしていきましょう。

コミュニティには、できるだけ多く参加して、自分の情報を幅広く公開していくのがオススメです。

実際に、マッチング率の高い人は平均20個前後のコミュニティに参加しているとのデータが出ています。

ペアーズマニュアル:「マッチングの鍵はコミュニティ? マッチング率が高い人の平均コミュニティ参加数が明らかに。」

これくらいの数のコミュニティに参加しておけば、自己紹介文だけでは伝えきれないところについても十分に相手の方へアピールできるということでしょう。

●参考

幸せレポート:「昔から知っていたかのように自然体の自分でいられました。」
幸せレポート:「お互い猫好きで、猫カフェで初デート。」

どんどんアプローチしよう

リアルでの出会いと比較して、ネットでの出会いの最大の特徴は、良くも悪くも大量の異性に同時にアプローチできるところでしょう。

少しでも気になるポイント、引っかかるところがあるのならば、とりあえずやり取りを続けるのが吉です。

リアルでの出会いであれば、同時に複数人へのアプローチをするのはご法度でしょうが、ネットであればセーフです。

もちろん、実際に一人の方と出会い、デートを重ねてお付き合いすることになれば、他の方とのやり取りは控えなければなりません。

ただ、「この人!」と思う一人を決める前でしたら大いに並行アプローチをするべきです。

フラれることを怖れない

自分がいいなと思った人は、きっと他の人もそう思っています。

早い者勝ちですので、いいなと思った人とうまくやり取りができているのならば、恐れることなくどんどんお食事に誘いましょう。

もちろん、あまりにもガツガツしすぎるのは男性女性ともに好かれないでしょうが、誘って欲しいタイミングで誘われないのはもっと悲しいことでしょう。

相手のことが気になるのならば、タイミングを見計らってデートへ誘い出しましょう。

●参考
幸せレポート:「何度も何度も足あとを付けてくれた方がいて…」

幸せレポート:「自分からアプローチして告白。」

丁寧なやり取りを心がけよう

これは特に男性の方に重要なポイントとなります。

ペアーズでは、女性の方は男性が思っているよりも多くの相手とやり取りをしていることがほとんどです。

従って、女性が関心を持ってくれるようなメッセージを送らないと、他の男性からのメッセージの中に埋もれてしまい、返信がこなくなってしまうことでしょう。

例えば、女性のプロフィールを読めばわかることを質問してしまったり、女性の興味のない話題について自分ばかり話してしまったりなど、心当たりはありませんか?

相手への思いやりを忘れずに

ペアーズのようなアプリを利用していると、「所詮、ネットでの出会い」などと軽く考えて、現実ではおそらくしないであろう言動になってしまうことがあるかもしれません。

ネットでの出会いとはいえ、相手はロボットではなく、心のある人間ですので、嫌な思いをされないか、傷つけたりしないかをよく考えることが大切です。

本当に素敵な出会いを真剣に求めているのであれば、メッセージ一つ一つに対して慎重に、魂を込めてやり取りをしましょう。

きちんと意識を持って書き込まれたメッセージであれば、女性にも「おっ!」と目に止まり、他のライバルたちよりも一目置かれる存在になることができるでしょう。

●参考
幸せレポート:「正直、予想外の告白でした。」

幸せレポート:「遠距離だったけど、どうしても会いたくて会いに行ってしまいました。」

まとめ

普通に生活していたら出会えなかっただろう相手と出会えるのがマッチングアプリの醍醐味ですが、やはりリアルでの出会いとは違い、ネットでの出会いならではの特性があるため、きちんとポイントを押さえておくことが大切です。

日本においてはまだまだ「ネットで出会って付き合うなんて・・・ましてや結婚なんて!」「ネットで出会った人と付き合ってるなんて友達や親に言えない・・・」みたいな声が多いようですが、ネットでの出会い先進国のアメリカではすでに3組に1組がネットで出会っていると言われています。

今後は、日本においてもアメリカ同様にネットでの出会いが浸透し、活発になっていくことでしょう。

そのような時代が到来しつつあるのだということを念頭に、改めてリアルでの出会いとの違いを学び、より素敵なパートナーと出会えるように準備をしていきましょう。

この記事をご覧いただいた皆様が、素敵な出会いにつなげることができるよう、心よりお祈りいたします。

また、私自身の体験談も記事にしてありますので合わせてご覧いただければ幸いです。

【体験談】pairsで21歳のアパレル店員と出会った話


今回紹介したペアーズへの登録はこちらから。国内最大級 300万人 が利用するフェイスブック マッチングアプリで、2012年11月のリリースから位現在までで延べ「1510万組」のマッチングが成立しています。20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録しています。

pairs
【pairs】Facebookで恋活・婚活

ペアーズ口コミ

関連記事: