外見にコンプレックスのある人ほどネットでの出会いをお勧めしたい3つの理由


自身の外見・容姿に自信を持てないと、好きな異性がいても「こんな自分じゃ・・・」と気が引けてしまいますよね。

異性にうまくアプローチできないまま年を重ね、気がついたら「恋人いない歴=年齢」になっていらっしゃる方も少なくないかと思います。

周りの友人が素敵な恋人と楽しそうにしていたり、あるいは結婚して幸せそうにしていたりしている様子をFacebookやTwitterで見ていて、「自分もそろそろ・・・!」と奮いたち、合コンや街コンに慌てて参加するものの、なかなかうまくいかず落ち込んでしまうことも。

スポンサーリンク

コンプレックスだらけでも大丈夫!

よく考えると、今まで異性と本気で向き合ったことがなく、年相応の経験が積めていないため、そもそも恋人探しのスタートラインにすら立てていないのでは・・・?なんて考え出すと、ますます焦りは募るばかり。

異性とうまくコミュニケーションが取れるようになろうと、異性の友達に練習台になってもらいたいけど、よく考えたら同性の友達ばかりで、異性は恋人どころか友達すらほとんどいないことに今更気がついた・・・!

同性のお友達にいい人を紹介してもらおうとしても、そんな簡単にうまくはいかない!一体どうすればいいの!?・・・

今回は、そんなコンプレックスのお持ちの方に向けて、インターネットを使う出会いについて、お勧めするポイントを3つご紹介させていただきます。

恋愛市場参入に名乗りを挙げられる

「恋愛市場」という言葉は聞きなれないかもしれません。

まず、「市場(しじょう)」とは、「金融市場」「労働市場」などに代表されるように、売り手と買い手が大勢いて、ある特定の種類の取引が毎日なされている場をイメージしてください。

金融市場であれば、株式や債券、外国為替などが毎日取引され、労働市場であれば労働者と雇用者の間で、労働力とお給料が取引されていますね。

それでは、恋愛市場において取引されているものは一体なんでしょうか。

それはもちろん、「恋」であったり「愛」であるわけです。

まずは慣れること

ネットでの出会いにおいて最も大事なポイントは、「恋」や「愛」に慣れることです。

コンプレックスのある方にとっては、縁遠い単語かもしれませんね。

ただし、恋人作りにおいて重要なのは、恋愛市場の中において自信を持った振る舞いができることです。

異性たちに対して、自分も恋愛対象の一人であることを認めてもらうこと、つまり恋愛市場に名乗りをあげることが恋人作りのまず一歩になります。

それと同時に、自分自身も「異性にとっての恋愛対象である」ことを意識しましょう。

見られると磨かれる

おそらく、コンプレックスのある方の場合、「見られるのが恥ずかしい」という意識があるのではないでしょうか。

恥ずかしいという感情を持ってしまうのは仕方がないことではありますが、恋愛市場に参入するからには、できる限り異性の目を意識した振る舞いをするようにしましょう。

「見られている」ことを意識すると、少しでもマシになるべく努力する方向に向かいやすくなるため、モテる度合いも高まります。

 異性の目を意識する

まずは、髪型や服装など、自分の力でなんとかできるところは直すようにしましょう。

髪型であれば、テレビや雑誌で取り上げられている有名店に行き、プロにお任せすれば間違い無いでしょう。

また、服装についても同様で、おしゃれな街にあるおしゃれなお店へ行き、店員さんに全身コーディネートして貰えば、ファッションについては誰も文句を言えなくなるでしょう。

もちろん、髪型についても服装についてもきちんとしようとすればお金がかかります。

生活に影響が出るほどとは言いませんが、他の趣味にかけていた分をちょっとこっちに回してみたほうが良いでしょう。

興味を持ってもらえる人に出会う確率が高まる

どんなにコンプレックスのある方でも、その容姿・外見を気に入ってくれる異性の方は必ずどこかにいます。

どんなにモテる人であっても、気に入られる可能性が高いというだけであり、決して100%すべての異性に気に入られているわけではありません。

同様に、どんなにモテない人であっても、異性に気に入られる可能性が0%ということはありえません。

今の所はたまたま気に入ってくれる異性と出会っていないだけであり、出会いの数を増やすことで、いつかは必ずそのような異性と出会うことができます。

「数打ちゃ当たる」と言えば聞こえは悪いかもしれませんが、多くの人とすれ違えば、その分だけあなたを気に入ってくれる異性との出会いの確率も高まるのは間違いありません。

YouTuberやニコ生主はモテモテ!?

近年、「ヒカキン」「はじめしゃちょー」などに代表される、YouTubeを使って生計を立てるYouTuberと呼ばれる人たちが急増しています。

YouTuberたちは、自身のアップロードした動画に掲載した広告から、再生数に応じた広告料をもらい、収入としています。

うまく人気が出て、多くの再生数を集めることができれば、莫大な収入を得ることができ、トップYouTuberになると、年収1,000万円も可能になるという非常に夢のある世界であります。

ヒカキンやはじめしゃちょーのブームや、「好きなことで生きていく」などのようなフレーズの展開により、一発当ててやろうと意気込んだ人たちがどんどんYouTuberとしてデビューしています。

趣向を凝らした様々な動画を次々とアップロードし、再生数を競っていますが、普通の人間が普通のことをやってもなかなか多くの人には見てもらえません。

そこで彼らは何をするかといえば、「顔出し」です。

自分の顔を公開することで、話題を集めてアクセス数を稼ぐというわけですが、実は彼らはアクセス数だけでなく、異性の注目も同時に稼いでしまっています。

まとめ

以上の3つが、インターネットを使った出会いをお勧めする理由になります。

とにかく、恋人を作るまでのステップとしては、

慣れることで不安をなくすこと→異性を意識して魅力を高めること→数を打つこと

につきます。

当サイトでは各種マッチングアプリにおいて具体的にどのように振る舞えばより良い出会いに繋げられるのかについても記事にしてあります。

合わせてご覧いただければ幸いです。

pairs幸せレポートから学ぶ、ペアーズのポイント・コツ

Tinderで思うようにマッチしない人が見直すべきポイント・コツ

関連記事: