Tinderで思うようにマッチしない人が見直すべきポイント、コツ

150415211966_TP_V

当サイトお勧めのTinder(ティンダー)ですが、慣れないうちはうまくマッチすることができず、面白さを感じる前に削除してしまうこともあるかもしれません。

そのような状態の方でも、まずは基本的な「お作法」を理解して実践すれば、きっとマッチ率も高まり、Tinderやオンラインマッチングアプリの楽しさに気づくことができるでしょう。

Tinderの使い方・評判・口コミ

スポンサーリンク

写真をきちんと載せる

これは基本の中の基本で、一番効果があります。

やはり、リアル・ネットの区別に関わらず、「出会い」の中での一番重要な要素は見た目、容姿です。

その重要な要素であるプロフィール写真を載せないということは、相手の方に自分についての情報を十分に与えていないことであり、興味を持つ持たない以前に判定不能となってしまいます。

特にTinderの場合、他のオンサイトマッチングアプリであるペアーズ(pairs)やOmiai (オミアイ)やマッチブックなどと比較するとプロフィール写真の重要度が高く、写真がない人が成果を上げるのは難しいでしょう。

【体験談】pairsで21歳のアパレル店員と出会った話

pairs(ペアーズ)の使い方・評判・口コミ

Omiaiの使い方・評判・口コミ

従って、「効果がある」というのは厳密には誤りで、「やらないとマッチ率が激減する」のが正解です。

また、運良く何らかの理由でマッチしたとしても、顔の見えない相手のやり取りは不安が大きく、すぐに写真を提供することになるでしょう。

どうせマッチした相手に見せるのならば、最初からプロフィールに載せておく方が得策です。

いいプロフィール写真とは?

それでは、どのような写真をプロフィールに載せておけば良いのでしょうか。

一般的な回答としては、やはり自分の趣味を楽しんでいる写真がベストとなります。

アウトドアな趣味なら、仲間と楽しそうにしている写真がいいでしょう。(もちろん、自分以外の方の顔は加工して消しておくことを忘れずに!)

自撮りでもいいかもしれませんが、アウトドアな趣味を前面に推していくならば、他の仲間に撮ってもらった写真の方が好印象となります。

インドアな趣味ならば、その趣味に関する道具、グッズ、作品と一緒に写っている写真が良いでしょう。

創作系の趣味の方ならば、自分の作品を作成中の写真があれば、同じ趣味の人にヒットする確率が高まるはずです。

インドアな趣味の方の場合、一人で楽しんでいることが多いかと思いますので、写真を用意しようとするとどうしても自分で撮らなければならないのではないでしょうか。

そんな時には、せっかくなのでスマホの標準搭載のカメラアプリではなく、自撮りに特化した最新のカメラアプリを使いましょう。

有名どころでは、b612beauty plusあたりが印象の良い自撮り写真が取れるのでオススメです。

また、自撮り棒(セルフィースティック)を使うのもアリです。

TaoTronics製の製品は、AndroidとiPhoneの両OSに対応しているだけでなく、Bluetoothにも対応で、ワイヤレスでシャッターが切れる優れものです。

他社製のものでは、片方のOSにしか対応していなかったり、有線式でコードが煩わしかったりするので、他の自撮り棒と比較すると頭一つ抜き出た優秀さです。

恋人ができた後のデートでもセルフィースティックは便利な道具なので、今の内に用意しておいても損はないでしょう。(セルフィーが禁止されている場所もあるのでご注意ください)

「ネットに写真を載せるのはちょっと・・・」という方もいらっしゃるかと思いますが、もうそのような考えは捨てましょう。

確かに、数年前までは「顔出し」などと揶揄され、ネットに顔写真を載せること自体が注目をされる行為でしたが、近年はFacebookのような実名SNSも普及していて、ネットというのは隠れてこそこそするものでなく堂々と参加するべきものに変わっています。

また、自分の顔・容姿に自信のない方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。

どんな顔・容姿であっても、それを好きだと言ってくれる異性は必ずいます。

あなたはその人にまだ出会っていないだけであり、これからネットの広い海の中へその人との出会いを求めて飛び込むのです。

プロフィール文をきちんと書く

写真がきちんとできれば、次はプロフィールも見直しましょう。

写真→プロフィールという順番に注意してください。

Tinderでは、スワイプ画面に映る写真でほぼ評価が決まってしまうため、そもそも写真がなかったり適当な写真だったりするとプロフィールを読まれることなく流されてしまいます。

従って、プロフィール文のことを考える前に、まずは必ず写真の見直しから実施するようにしてください。

いいプロフィール文って?

それでは、Tinderでのマッチ率を高めるためにはどのようなプロフィール文を書いたらいいのでしょうか。

やはり、写真と同様に、自分の趣味や人となりがよく伝わるような文面が良いプロフィールと言えます。

自分はこんなことに興味を持っていて、こんなことをしている時が楽しくて、休日はこんなことをして過ごしていて、仕事はこんなことをしていて・・・のようなテンプレのようなプロフィールが結局は一番見る側にはいいのではないでしょうか。

また、たまに、自分をより大きく見せようと、誇張な表現や嘘のキーワードでプロフィールを飾っているような人を見かけますが、お勧めできません。

誇張な表現は見ている側に自信のなさを感じさせ、運良くマッチしたとしてもその誇張な設定に合わせて話し続けなければならなく、苦しいでしょう。

また、嘘を書いてマッチし、そのまま騙し続けて出会ったところで、実際に会えば嘘はバレてしまいます。

嘘をつくことで自分がふられるだけならば自業自得で済むのですが、そのことで相手の方を傷つけてしまうことになりますので、絶対に嘘プロフィールはやめましょう。

プロフィールの書き方については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

ペアーズでいいねが全然来ない人が見直すべきポイント・コツ

あるいは、ツヴァイのような結婚相談所で、あなたの魅力を引き出すコツをプロの方に相談してみるのも面白いかもしれません。

とにかく数を打つ

写真とプロフィールを見直した上で、さらにマッチを増やしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

そのような場合には、やはりlike!をする回数を最大限にして、数を多く打つ施策を展開するのが良いでしょう。

これは「マッチ率」ではなく「マッチ数」を高めるための作戦にはなりますが、Tinderの特徴である、「スワイプ無料」を最大限に生かした作戦で、十分に有効な戦術と言えるでしょう。

スーパーライクも使おう

Tinderには、通常のライクの他にスーパーライクというのも用意されています。

通常のライクでは相手への通知がされないのに対して、スーパーライクでは相手への通知が飛ぶのに加えてメッセージを加えることができます。

1日に使える回数は数回に限られているので、ここぞというタイミングでは惜しみなく使ってアピールをしてきましょう。

TinderのSuperLikeの戦略的な使い方

写真!プロフィール!数を打つ!

上記の3つについてきちんと実行すれば、きっとあなたのマッチ数も増え、Tinderの楽しさも理解できるかと思います。

Tinderは、異性の恋人探しだけでなく、同性の友人を探すのにも利用できます。

Tinderを通じて出会いが増え、素敵な恋人、友達もどんどん増えるといいですね。

この記事を読んでくださったあなたが素敵なTinderライフを送れることをお祈りしています。

他の方のマッチングアプリ体験談を参考にしたい場合は、こちらの記事がおすすめです。

マッチングアプリの比較・体験談まとめ

マッチした後はどうしたらいい?

めでたくマッチできた後は、さっそくメッセージの送付や追加の写真の送付を行いましょう。

当然ですが、Tinderで素敵な出会いをするためには、マッチはゴールではなく、あくまでもスタート地点にすぎません。

マッチした後のことについてはこちらの記事で考えていきましょう。

Tinder(ティンダー)でマッチしたらまず最初にどうしたらいい?

関連記事: