【体験談】Tinderで18歳の女子大生と出会った話


当サイトでもよく取り上げているTinderですが、本当に出会えるか疑っている方もいらっしゃるかもしれません。

カテゴリ:Tinder

私自身も、こんな外国製のアプリで本当に出会えるものかとはじめは半信半疑でしたが、完全無料であるということもあり、あまり期待せずに登録していました。

登録直後は、Tinderの仕組みとして当然ですが、いくらスワイプしてもマッチングしませんでした。

Tinderはlike!したことが相手に通知されないため、他のメンバーに積極的に自分をアピールすることができず、登録したてのメンバーには不利な仕組みになっています。

登録して数日経って、やっぱりこんなアプリに出会いはないと諦めかけていましたが、やっとその頃になってちらほらとマッチングと通知が来始めました。

その中の一人、とある女子大に通う18歳の女の子は、非常に清楚な外見で、なおかつ真面目に勉学に取り組む魅力的な女性でした。

そんな彼女と仲良くなり、実際に出会うことができた私の体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

相手のLikeから

Tinderでマッチングしたのは、相手のlike!によってでした。

つまり、先に私がlike!し、その後に彼女も返してくれたというわけですね。

メッセージのやり取りは、私からでした。

まずは簡単な自己紹介と、「よろしくお願いします」という一般的なものから。

オンサイトマッチングアプリによくあることですが、「なんとなく」登録してみたという女性は、こちらからのメッセージに返答せず、放置していることがあります。

そんなこともあり、私が最初に出すメッセージは、ある程度テンプレ化されて、あまり時間をかけずに書くことができるものにしています。

はじめは機械的に

最初のメッセージをテンプレ化するメリットとしては、もちろん時間を短縮できるところもありますが、重要なのは一人の相手に執着せずに済むところにあります。

オンサイトマッチングアプリでは、男女ともに非常に多くの人がお互いにメッセージを送りあい、アプローチをし合っています。

従って、こちらが気に入った相手が、残念ながらライバルである自分の同性の方を見ている可能性があるのです。(むしろ、その可能性の方がはるかに高い)

一人の人に執着しているのではなく、かなり割り切って、次々とアプローチを続ける方がネットでの出会いにおいては重要になります。

もちろん、狙った任意の異性と仲良くなれるのが一番いいのですが、それが実現するのはまさに運次第であるため、ある程度は機械的に異性たちにアプローチを続ける方が傷が浅くて済むと考えています。

Tinder(ティンダー)でマッチしたらまず最初にどうしたらいい?

最初のテストはクリア

少し横道に逸れてしまいましたが、このような考えがあったため、今回のTinderでのマッチングにおいても、テンプレでのメッセージ送付となりました。

このテンプレのメッセージに返答があれば今後の進展が見込めると判定できるため、いわば最初のメッセージは今後の二人の進展を占うテストのようなものと言えるでしょう。

この最初の関門が実は最もハードルが高いと思っています。

一方、ここをクリアできれば、かなりの高確率で実際の出会いにつなげることができます。

さて、今回のテストは、相手の返信がすぐにあり、なおかつこちらにある程度興味のあるような内容であったので、十分に合格点と判定できました。

この合格を持って、初めて彼女へのアプローチをしっかりとしていったわけですが、具体的なやり取りについてはまた次回の記事とさせていただきます。

【体験談】Tinderで18歳の女子大生と出会った話2へ続く

Tinderの口コミ・体験談まとめ

関連記事: